『恋の門』


ダンナにつられて、先ほどまで観てしまいました。

GIGAに録画しといた『恋の門』。

主演は松田龍平くんと、酒井若菜ちゃん。



a0064644_661780.jpg



別にこの二人のファンでも何でもないのですが、

変人とオタクとマニア【しか】出てこないこの映画、

最初は「なにこれ?」って思ったけど、

個人的にはかなり楽しんで拝見しました。

しかも松尾スズキ監督自ら、けっこう美味しい役で出演し、

他にも塚本晋也監督や庵野秀明監督まで出演してるし。



庵野監督といえば、私がまだ雑誌編集者だったころ、

映画や本、CD等のレビューページを担当していたので、

取材のため、『新世紀エヴァンゲリオン』完結編の、

マスコミ記者会見に出席させていただいたんです。

そこで、庵野監督の奇人ぶりを目の当たりにして、

「ひと目惚れ」ならぬ「ひと目ファン」になっちゃって。

当時、ルームシェアしていたK美ちゃんもファンだったから、

2人で『STUDIO VOICE』読んでは、キャーキャー言ってましたね♪

すごい、なつかしい☆



当時は庵野監督の最盛期だったわけだし。

今は漫画家・モヨコさんのご主人であり、

映画もバッチリご夫婦で出演なさっていて、

仲むつまじい姿がまたステキでした♪

よく考えたら、私の変人好きのルーツは庵野監督だったのかもしれないと、

『恋の門』を観ていて、ふと思ったりして。



映画の内容も、ただの変人(変態?)映画ではなくて、

変人(変態?)ならではの哲学的な要素もバッチリ含まれていて、

かなり観ごたえがありました。

最後の清志郎さんの歌もよかったし♪

ほんと、変人(変態?)万歳の映画でした~(*^-^*)


MY HOMEPAGE
[PR]
by mikuno-smile | 2006-03-05 04:31 | うれしい♪たのしい♪大好き♪
<< ☆しながわ水族館☆ ミクシィの土佐弁コミュ… >>