ヌーボーの秘密

今日は、ソムリエールのゆきさんからランチに誘われて、
近所の叙々苑(焼肉屋さん)へ。

サービスランチにしようかなとも思ったのだけれど、
久々に石焼ビビンバを注文。
「ビビンバをかき混ぜるとき、一緒についてきたスープを
回しかけるとおいしいよ」と教えてくれました。

スープをかけるとジュワーっと音と煙が立ち昇り、
普通ならごはんがちょっとパサパサ気味になるところ、
しっとり仕上がって、とってもいいカンジ☆

で、美味しくなったビビンバをほおばりながら、
昨今話題のヌーボーの話になり。

「今年のは酸味が強くて、私的には今イチだ」と話したら、
ゆきさん曰く、そもそもヌーボーはインスタントワインだから、
美味しさを追求するものではない、と教わりました。

本来なら、ワインはゆっくり寝かせてアルコールと炭酸ガスに分解されますが、
ヌーボーは数ヶ月目に飲むことを目的としているから、
果実に炭酸を足して、無理やり急速な発酵を促しているんですね。
しかも最近は日本などで騒ぎ立てるため、まずいものは作れないから、
わざわざ糖分も足しているそうです。

もともとヌーボーはその年の葡萄の出来栄えを確認するためや、
ワインの畑や蔵元で働く人々に振る舞う目的で作られていたのに、
いまや商売目的となってしまっている…

だから、それほど美味しくないものを何とか飲める状態にして
売っているにすぎない…のだそうで。
つまり、美味しいヌーボーは存在しえないという話なのです。

よくヌーボーは年内に飲み切ったほうがいいという話は聴くけれど、
それも急速に発酵させているから、すでに今の状態が美味しさのピークで、
あとはどんどん劣化していくから、
買った人はなるべく早く飲んだほうがいいという話です。

一昨日はヌーボーを飲みながら、
トリックを30分観た時点で爆睡モードに入ってしまいましたが、
今日はネット通販で買ったお買い得ブルゴーニュを味見したいなぁ。。。
これを書きながら、すでに睡魔に襲われているけど…(^^;)

☆2003 ブルゴーニュ・ピノノアール・ラ・ヴィニエ☆
a0064644_1123635.jpg




MY HOME PAGE

☆おたよりはコチラ↓☆
mikuno@smile.nifty.jp
[PR]
by mikuno-smile | 2005-11-22 23:24 | うれしい♪たのしい♪大好き♪
<< 『展望と開運2006』を先取り☆ サンシャインフリマ&ヌーボー >>